薬剤師の求人で給与をアップする

薬剤師は製薬企業や医療品メーカーで働くこともできる

薬剤師は製薬企業や医療品メーカーで働くこともできる待遇に不満が生じたら薬剤師専門サイトを利用した転職を

現在の日本では景気が悪い時代が長く続いていることもあって、多くの人が安定した仕事をしたいと考えるものです。
一部には裕福な層もいるのですが、庶民レベルではいつどこで生活が一変するのかもわからない状態です。
リストラや会社の倒産なども身近にみられるようになっていて、いかに安心して生活をしていくのがいいのかということが個人で気になっていることでしょう。
公務員になるのが最も安定しているともいわれるような状態でもあるのですが、公務員でなくても長く勤められるような仕事もあります。
特に資格が必要な仕事ではそういった傾向にあります。
もしも職場を離れたとしても資格を持っていれば、他の職場でも採用してもらうことができるでしょう。
ですから、中でも医療従事者などが人気があるのです。
医療従事者といって注目されるのが医師ですが、それ以外でも安定して働くことができるものもあります。
その一つとして薬剤師の仕事を挙げることができるでしょう。
この仕事は国家資格が必要になるものであり、取得のためには計画的に進学をして勉強をしていく必要があるのです。
大学の薬学部に進み、専門的な勉強をしていき、卒業をするころに試験を受けて合格できれば薬剤師としての仕事をしていくことができるのです。
もしも合格できなければ、翌年の国家試験を受けることになります。
資格を取ってしまうことで、薬局やドラッグストア、そして製薬企業や医薬品メーカーなどで働くこともできますし、国内の企業だけでなく、外資系の企業で働くということもできるのです。
いろいろな働き方があります。

給与アップのために薬剤師の求人を探しました

世間のイメージからすると薬剤師は「高収入」と思われがちですが、実際には平均的な収入よりも少しはよいという感じで、決して高収入ではありません。
僕の場合は、調剤薬局に努めて10年ほどたつのですが年収は550万円ぐらいでした。
三十代前半としては、悪くはない金額ではありますが、独身の頃はこの金額でもよかったのですが、結婚して子供が生まれた現在では「少ない」と感じるようになりました。
僕以上に家計をやりくりしている妻のほうがそう感じることが多いようでした。
将来はマイホームを購入したいという思いもあり、ローンで購入するとなると返済しながら生活していかなければいけません。
子供も、将来は自分と同じ資格を持つような職種についてほしいと思っているので、それなりの教育資金を用意する必要もあります。
「そろそろ転職を考えてほしいんだけど」という妻の一言をきっかけに転職活動を始めることにしました。
転職活動をするにあたり利用していたのは、転職サイトです。
薬剤師専用の転職サイトに登録しました。
無料のところもありましたが、有料のところのほうがより、給与の高そうな職場の求人が多いと感じていたし、効率的に転職活動ができると思ったのでそちらを利用しました。
薬剤師は転職市場でも「売り手市場」と呼ばれています。
薬剤師が足りていない職場が多いので、転職する側としては選択の余地がありました。
転職するにあたって給与をアップするにはいくつかの条件があります。

まず、勤務地の選択です。
都心に行くほど給与が高いと思われがちですが、実はそうでもないことがわかりました。
かえって都心のほうが薬剤師が多くて飽和状態になっているので需要が低くて、郊外に出たほうが給与が高いということが分かったのです。
そこで、もともと、都心で働くことにこだわりがなかったので、マイホームを購入しようと思っている土地に近いところで勤務先を探すことにしました。
おうち探しも一緒にできるので一石二鳥でした。
次に働く場所について考えました。
一番給与の面でいいのは製薬会社です。
一定の基準以上のお金を手に入れることができるし、退職金なども含めて安定感があります。
マイホームの購入や子供の教育費のことを思うと、一番メリットが多いのですが、自分の今の実力では転職できるのか不安がありました。
次に良いのがドラッグストアです。
ドラッグストアは大手チェーン展開しているところが割とよい給料を提示していました。
しかし、本業のほかにもやることがあるので、体力勝負となることも多いようでした。
そして、僕が勤めている調剤薬局や病院となります。
調剤薬局は仕事としては楽なのですが、中小規模の調剤薬局だと昇給も限られてきます。
迷った挙句、転職サイトのスタッフとも相談して、まずは大手の製薬会社を受けてみることにしました。

しかし、結果は不採用でした。
仕事の内容としてはとてもやりがいが持てるものであっただけに残念で仕方がありません。
私の知識不足が招いたので仕方がないのですがショックでした。
そこで、次は中小規模の製薬会社に絞ることにしました。
3社ほど面接を受けて、やっとのことで採用をいただきました。
給与も中途採用ながら、今よりも年収で20万円近くアップしました。
基本給もさることながら、家族手当や住宅手当など各種諸手当も充実しているので、実際にはもっと生活の質が上がりそうです。
調剤薬局でしていた仕事内容とはがらりと変わってしまったのですが、新薬の開発にかかわる大切な仕事のお手伝いをしているということでとてもやりがいを感じています。
毎日生き生きとして過ごすようになり、妻からも「顔つきが変わったね」と言われるようになりました。